「輝く先輩の声!」

INTERVIEW

自ら手を挙げて「あかるい農村つやま」の立ち上げに携わる

小規模多機能型居宅介護は平成18年に制度化された地域密着型介護サービスです。介護が必要になっても、「通い」「宿泊」「訪問」を自由に選びながら、住み慣れた地域の中で日常生活の支援や機能訓練を行います。私が日本原病院の病棟看護師だった頃、老後は地域の人たちと一緒に協力しながら生活していきたいと思っていました。そんな時に清風会でも小規模多機能を始めるという話が持ち上がり、自ら手を挙げて「あかるい農村つやま」の立ち上げに携わりました。看護師だった私にとって、新しい施設の立ち上げという大きなプロジェクトに参画できたことは転機でもありました。

真摯に地域の人たちの声を聞いてきた結果

清風会は岡山県北の中でも早くから訪問看護サービスや介護老人保健施設を始めており、小規模多機能型居宅介護も他に先駆けての新たなチャレンジでした。これまで清風会が取り組んできた事業は今の時代に必要とされる医療と介護の姿となっていますが、それは計画的に取り組んできたというよりも、真摯に地域の人たちの声を聞いてきた結果であると私は思います。病院や施設の規模が大きくないからこそ1人1人の顔が見え、患者様や利用者様に名前を覚えてもらえる関係を築きやすいのが魅力です。

求人採用のエントリーはこちら

求人採用 / エントリー