「輝く先輩の声!」

INTERVIEW

みんなが笑顔でいきいきとしていた。

ここに来る前、私は特別養護老人ホームや有料老人ホームで介護の仕事をしていました。これまでの職場では、利用者の方と関わることよりも自分たちの仕事が優先され、日々の仕事が流れ作業のようでした。以前から清風会には興味があり、おとなの学校へ見学に来てみると、利用者の方も職員もみんなが笑顔でいきいきとしていて、ぜひここで一緒に働きたいと思いました。
おとなの学校は他の介護老人保険施設とは違い、その名のとおり学校のように授業形式で1日のプログラムが組まれています。1日に3時限ある授業では職員ボランティアの方が先生となり、みんなで歌を歌ったり、虫食い算をしたり、職員は自分の得意なことを活かした授業をします。利用者も職員も楽しく過ごせる工夫がたくさんある職場だと思います。

仕事をしながら資格を取得!

初めて介護の世界に飛び込む人にとって、介護の仕事は覚えることも多くきつい仕事に映るかもしれませんが、基本動作を身に着けてしまえばこの職場はとても楽しく働ける場所だと実感しています。私もゼロからこの世界に入った1人ですが、職場で3年間介護の経験を積んで介護福祉士の資格を取得しました。もちろん仕事をしながら資格を取得することも可能で、清風会としてもバックアップしてくれます。
(介護福祉士 : 井上 智恵美)

もちろん仕事をしながら資格を取得することも可能。

午前中の流れ

午後の流れ

★ ここがPOINT! ★

介護老人保健施設「おとなの学校 岡山校」では、3大介護である「食事」「入浴」「排泄」の介助をしっかり行えるよう、フロア清掃やベッドメイキングはアウトソーシングし、スタッフが利用者様にいろいろなシーンでより多くの時間接することができる体制をとっています。利用者の方が元気になって卒業できるように、学校形式の授業、くもん学習療法、音楽療法、そしてドッグセラピーと、多彩なプログラムを実践しており、スタッフが自分の得意なことを先生となって皆様に披露します。

求人採用のエントリーはこちら

求人採用 / エントリー