清風会の歴史history

戦後まもない昭和23年
手元にあった医療器具は、聴診器ひとつ。

戦後間も無いころ、海軍軍医から戻ってきた森忠夫は、奈義町に診療所を開設。
聴診器たったひとつからのスタートでした。
戦争で何もかも失ったため、設備や技術以上に患者さんのための気持ちや親身になる
姿勢を大切にしてきました。

患者さんのもとへこちらから出向く
家族ぐるみで人生を支える。出産から看取りまで。

戦後貧しかった時代、報酬は地元でとれた野菜やお米。
初代理事長 森忠夫は、馬で数多くの患者さんのところへ往診する日々。 医者の基本である、問診、視診、聴診、打診、触診を大切に、お産から看取りまでを行なってきました。

医療設備も医療行為もひとつの手段に過ぎない。
グループ全体で、「自律」=「あなたがあなたらしく生きる」のために、一緒に考えていきたい。

清風会グループは、
日本原病院、おとなの学校、奈義ファミリークリニック、湯郷ファミリークリニック、
津山ファミリークリニック、ケアプランセンター、ほっとスマイル、
ケアプランセンターほっとスマイル美作、訪問看護ステーションあゆみ、
あかるい農村つやま、コロバン道場 日本原、 コロバン道場院庄が力を合せ、
グループ全体で何ができるか考えていきます。

クライアントの人生の豊かさのために、
新しい発想、新しいチャレンジ。

初代森忠夫の志をついだ2代目理事長 森浩郎は、
時代に先駆けた地域医療のあり方に向けて数々のチャレンジをして参りました。
現理事長 森崇文に変わってもその精神は受け継がれています。学校形式の老健の運営や、美味しい嚥下食、ドッグセラピーや音楽療法など、今後も新しいチャレンジをしています。