高血圧のお話①

「高血圧ってなんでいけんの?」「心臓が元気な証拠なんじゃないん?」
「血圧が高いくらいがちょうど良いんじゃけど…」
時々患者さんからお聞きする言葉です。
今回は知っていそうで知らないことの多い「血圧」について
少しお話してみたいと思います。

①血圧とは

血圧とは「心臓から送り出された血液が血管の壁を押すときの圧力」のことです。血圧の値は、心臓から押し出される血液量(心拍出量)と、血管の収縮の程度やしなやかさ(血管抵抗)によって、ほとんど決まります。

! CHECK !

血圧 =

心拍出量 ×

(心臓から押し出される血液量)

抹消血管抵抗

(血管の収縮の程度やしなやかさ)

↑ 心拍出量 ↑

↑ 末梢血管抵抗UP ↑

こんなふうに、血圧はいろいろな原因で、上がったり下がったりします。血圧が高いということは…

…このような状態になっているかもしれないというです!

高血圧を引き起こす8つの原因

高血圧を引き起こすのは、以下の8つの原因に大きく分けることができます。


塩分の過剰摂取遺伝加齢喫煙

肥満過度の飲酒ストレス・緊張寒さ・気候の変化

今回は「高血圧」についてご説明しました。ちょっと難しかったでしょうか?質問がありましたら、気軽に看護師にお尋ねください!

次回は、この8つの原因について詳しくお話します!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。